マイナスイオンを全身に浴びてストレス解消!迫力満点の国内の滝を厳選。

滝にはリラックス効果があり、滝のふもとで飛び散る飛沫を浴びると、喘息、ストレス、不眠症などにも有効だと言われています。今回はそんな癒し効果を持つ国内の、迫力のある滝をご紹介します。

 

1:那智の滝(和歌山県那智勝浦町)

和歌山県那智勝浦町にある、那智川の中流にかかる滝で、日本三名瀑に数えられています。133mの落差があるにもかかわらず、まっすぐに落ちる直瀑で、その姿から「一の滝」とも呼ばれています。

 

2:称名滝とハンノキ滝(富山県立山町)

富山県は立山町落差日本一の滝で、その落差は350mにもなります。立山連峰の雪解け水が多く流れ込む春には、称名滝の右にハンノキ滝が現れて、2つの滝を楽しむことが出来ます。この一時期しか見ることのできないハンノキ滝は、なんと落差500mほどもあるんです!

 

3:不動七重の滝(奈良県下北山村)

池原ダムの上流にある、日本の滝100選にも選ばれている滝です。全体で7段、総高100m以上もあり、水量もすさまじく迫力満天の滝です。遊歩道があるので、その姿を眼前で見ることもできますよ。

 

まとめ

いかがでしたか?いずれも大自然の中にある豪快な滝ですので、その迫力のある姿や雄大な音、空気を五感で感じれば、日々の喧騒を忘れてリラックスすることができますよ。

行きも帰りもバスでのんびり。和歌山・富山・奈良への夜行バスの予約ならこちらのサイトが便利です